beyond ur lens.

 

 0306VOCALOID-IMITATION BLACK【DF】


0306two1.jpg 0306two2.jpg 0306all2.jpg
0306len1.jpg 0306len2.jpg


【model:鏡音レン(ごま)、KAITO(M)、神威がくぽ(クロコ)※敬称略】

速報で!
ごまさんMさんクロコさんと2回目のIB撮影に行きました!

前からリベンジを、と言う話をしていましたが、事の発端はジュリ誕会で集まった時
Mさんが提案してくれたロケ地で撮影をしてみないかと言う事でした。
個人的にIBにガチと思えるほど素敵なロケ地で、皆でテンションひたすらだだ上がり状態だったのですが
この日私達に課せられた使命は1時間半以内にヒットを出して撮りきること。
と言うのも、予想はつくと思いますが高額スタジオなので2時間しか借りていないため、
4人で借りて一気に撮影すると言うプランで進めました。

まずは集合時間朝7時^o^/…と言うのはまあ認知間違いがあって申し訳なかったのですがorz
私は「そんなに打ち合わせの時間とれるのか!よしいける」と思っていましたw
(実際あって良かった時間だったと思ってます)

今までIBは何度も聴いていましたが、前回は漠然とした曲とPVのイメージだけで、
うまく噛み砕けていなかったと言うか、雰囲気が周囲の模倣みたいだなーと、実はあまりしっくりしていませんでした。
寝る前と電車の中でひたすら曲を聞いて、感じた事を書きとめている内にだんだん入りこめるようになって行って
自分なりの解釈が生まれました…!

と言うことで、打ち合わせにそれを持ち寄って3人にお話してから撮影に臨みました。
ひかれないか心配でしたが私はいつでも本気だ←
3人とも真剣に聞いてくれて、とても嬉しかった…!

私の中でIMITATION BLACKは、結構悲しいお話じゃないのかなと思っていて
話の主人公はレンではなくて、KAITOとがくぽだと思っています。
二人が「レン」と言う人形に恋をするところから始まり。
日常を捨て、モラルを捨て、人形を愛した苦悩に苛まれながらも愛しい人を手放す事ができずに
「人形」に愛をささげる不完全な愛の形が描かれた曲なのかなと。

黒く塗りつぶされた影の時間にだけ、人間の魂が吹き込まれてぬくもりと光をもったレンの瞳と、
それに惹かれるように愛を重ねる二人と。
太陽が昇るとまた冷たい身体に戻ってしまう不思議な人形で。
周りには狂っていると蔑まれ、非日常の世界に溺れる自分を救うために一度は手放したけれど、
本当の自分らしさを見失った彼らにはレンの温もりを拭ってくれる人(人間)は現れず。

好きな人を心から愛しんで、そして消えるならきっとそれも悪くない―
レンと言う心が消えるまで、人形の彼を愛した、二人の男のお話なのかなと。
歌詞を読んで頂ければ恐らく上の部分で私が感じた詩が読めるかなと!

レン=黒、影と言う解釈です。

なので今回はレンの人形と人間の差を出したかった事と、
がくぽとKAITOのレンに対するアプローチの差と物語の筋、
あとギターを持参してくれるとの事だったので、ライブ感を出すのを目的に。
3つが1時間半で出来れば上出来と考えて行きました。

と言う事で100%私の指示のもと怒涛の移動&撮影でした。
今回こんなに効率よく撮影ができたのも、全ては全権を私に委ねてくれた3人のおかげと言っても誇張はない。
未だかつてない程のドS指示を飛ばしまくっていたのですが(焦っていたのもあって^^;)
アフターで平謝りしたら「そんな風に感じなかった」とケロっと言ってくれた皆に
私は喜んでいいのか謝ったらいいのか…笑!
実はクロコさんとMさんはガチ撮影2回目なのだけれども、何度も撮影している気がしたのは何故だろう…笑

そのくらい、3人とも凄く私の思い通りにポジション移動してくれるのがスマート。
これで手こずると時間が食われてしまうので、とても有難いのです。

そして3人のバナナイスの比率が黄金比であると個人的に思う。
バランスが良い、と感じるのは私の好みの問題かもしれませんが、
私はKAITO=がくぽに加えて+イケレンで成立するバナナイスが大好きだ^^
女形ポジションだけれども、レンはこのくらいかっこいいのが私は撮り甲斐がある。
ごまさんには人間と人形の2パターンお願いしましたが、演じ分けの上手さに脱帽でした。
上の2枚を見てもらえれば違いを分かって頂けるかなと思います。モデルの力です…!

がくぽとKAITOの取り分けはポジション移動と
がくぽ→正面から手に入れる強さ
KAITO→触れられない、でも自分のものにしたい、触ればきっともどれないと言う格闘→後ろからアプローチ
と言う手段をとって分けました。

そして何より今回の撮影は全員が全員に「触れるな」とずっと言ってました笑。
抱きしめる仕草も、キスをする仕草も、指すら触れないでギリギリで止めてくれとお願い。
非日常を演出するこの場所と、スローモーションのような動きを溶け込ませたかったので。

と言う事でこのスペースを貸して下さったオーナーの方もいい方で濃密な1時間半でした。
(スタジオじゃないので制限はありますが、それを凌駕するロケーション)
3人とも本当に有難う…!感謝尽きません。

しかもアフターでお誕生日祝ってもらった…!ブリオッシュで笑!!
わーほんとに有難うございます…!!大好きです。お手洗いから戻ったらブリオッシュ来て自分の前に置かれたからびっくりしたけどめっちゃ嬉しかった…!
なんだろう。こんなによくしてもらっていいのだろうか。真顔

次も宜しくお願いしますv



追加しました。続きはデザフェスで☆

ランキング参加しています。宜しければ応援して頂けると有難いです^^*
にほんブログ村 写真ブログ コスプレ写真(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

me:)

mit

Author:mit
写真家。
※被写体様には許可を頂いています。画像の持ち出しはご本人以外NG
告知バナー以外のサイト内全ての画像・文章の無断転載・模倣を固く禁じます。No reproduction or republication without written permission.

my work

「あいの徒野から」

mail me

name:
mail:
message:

twitter

visitor

thanx


にほんブログ村 写真ブログ コスプレ写真(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

△宜しければお願いします

Copyright © mit