beyond ur lens.

 

 0429戦国BASARA―片倉小十郎

quare-white_black.gif



0429katakura-6.jpg

0429katakura-10.jpg

0429katakura-4.jpg

0429katakura-9.jpg

0429katakura-5.jpg

0429katakura-7.jpg

0429katakura-3.jpg

0429katakura-8.jpg

0429katakura-11.jpg

0429katakura-1.jpg
【model:愀】


心地よい浸食



片倉殿撮らせていただいた!
小十郎を撮るにあたって、数日伊達軍と片倉氏について浸かる日々だったのですが、この人史実から政宗様命すぎておもしろい…笑
政宗よりも先に子供できちゃって政宗様より先に子を授かるなど何事!!子供ころせ!!とか言っちゃう小十郎落ち着け…(主の説得で殺さず落ち着いたらしい)
でも真面目な話、伊達軍ってとてもあったかい軍なんだなーと、考えれば考えるほど思ってしまった。
小十郎って武芸にも秀でていたけれど、知将なんですよね。軍師レベル。
伊達三傑でも武の成実、智の小十郎、と言われるほどの。
だから強さもさることながら、智の片倉も見たいなと思いました。

それにしても、幸せな人生だったのかなと思うほど、小十郎は主に人生捧げていて
政宗の患った右目を抉ったと言われる説がありますが、その時から彼の半身は最早政宗のもので
脳ではなく目となり、消えた右側の視界を小十郎が貰い受け、政宗の死角の窓となったのかな…と感じました。
小十郎が触れるもの見るもの、すべて政宗に共有されるような。
豊臣や徳川から高給で勧誘されても政宗の傍を離れる事を是としなかったのは、彼がただの側近ではなかったことを如実に示すよな~と、そんな家族にも近い絆の右目が政宗よりも先に死ねるなんて、本当に幸せなことだろうと…。
しかも病気で亡くなったとのことですが、その後小十郎を慕った部下が何人も殉職してるって言うんだから、伊達軍のアットホームっぷりよ……

いい上司でもあったんだろうな、と。小十郎を撮りながらも顔面厳ついけどいい人だなほんと…としんみりしました。
愀の小十郎は彼らしさの貫禄はもちろんのことだけれど、そんな小十郎の背景が見える気がしました。
刀にもしっかり小十郎の意志が刻まれておりました。素敵

"(右)目"は口ほどに物を言うよな…と、ほんとうに。青にしか染まる気のない彼の人生が、うらやましいほど!
スポンサーサイト

me:)

mit

Author:mit
写真家。
※被写体様には許可を頂いています。画像の持ち出しはご本人以外NG
告知バナー以外のサイト内全ての画像・文章の無断転載・模倣を固く禁じます。No reproduction or republication without written permission.

my work

「あいの徒野から」

mail me

name:
mail:
message:

twitter

visitor

thanx


にほんブログ村 写真ブログ コスプレ写真(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

△宜しければお願いします

Copyright © mit