beyond ur lens.

 

 0420戦国BASARA―真田幸村

quare-white_black.gif



0420y-1.jpg

0420y-2.jpg

0420y-8.jpg

0420y-5.jpg

0420y-4.jpg

0420y-3.jpg

0420y10.jpg

0420y-11.jpg

0420y-12.jpg

0420y-9.jpg

0420y-13.jpg
↑この写真のみクリックで拡大

【model:里見】


血も熱も熱くはない。葬った数も覚えていない。視界に入るのに目は合わない。
神経が枝のように張り巡らされて熱を奪っていく。弔いが尾を引いて身体を引きずっていく。
もし泰平の世が来るなら、そこに俺は立っているかと、自問する。
桜さえも、その花がひと房咲く度に散った命を連想させるほど、彼の桜は朱い。
見えなくとも聴こえなくとも、動く心臓さえあれば六文銭は死なないのだろうと思うほど、金属のかち合う音が耳につく。
スポンサーサイト

me:)

mit

Author:mit
写真家。
※被写体様には許可を頂いています。画像の持ち出しはご本人以外NG
告知バナー以外のサイト内全ての画像・文章の無断転載・模倣を固く禁じます。No reproduction or republication without written permission.

my work

「あいの徒野から」

mail me

name:
mail:
message:

twitter

visitor

thanx


にほんブログ村 写真ブログ コスプレ写真(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

△宜しければお願いします

Copyright © mit