beyond ur lens.

 

 0912-13Wand of Fourtune

 0913arvalo2.jpg
0913arvalo1.jpg 0912noel1.jpg
0912noel4.jpg
【model: ユリウス(樹乃)、ノエル アルバロ(森田細)】※敬称略

念願ワンチュンロケでした。
レポと言う名の低レベルな作文は本家ブログで。
こっちは本気の反省会です……^^

何も言うまい。とにかく全てが 陳腐 であった。

1:経験不足

まずロケ地に到着してから薄々感じてはいたんですが、建物や風景と言うものに捕われるだろうなーと言うこと。
よくよく今まで自分がしてきたコスを顧みると、あまりガチで洋館が似合う作品はそんなにやってないんです。その経験不足と写真でしか見てない先入観が足を引っ張って、と言うのも然り。
どこでも自由自在に撮れると言う環境ではなかったと言うのもありますが、それにしたって頭が回らなかったです…。
ロケハンする時間はありましたが、撮影箇所を抑えたのみだったので、それも一つの敗因。

建物、特に洋館は構図に縛られる嫌いがあるなと感じました。和風家屋は何度か経験しましたが、比較的洋館は規則正しい羅列が多かったり、魅せるべきところがはっきりしている作りなだけに、無碍に切る事ができないと言うのも構図の縛りが考えられるなーと思いました…
そしてそれを入れようとすると人物が景色に沈むんですよね。同調できるなら兎も角、沈むのは主題が消える危険性が…!


2:狙った写真

このロケに行く前に、写真を磨いている方と意見交換をさせてもらっていて。
レンズの新調はしていませんが、ワンチュンなら私よりも彼女の撮影スタイルの方が合うかもしれないと思って新しい考えを試してみようと思っていました。
違う目を意識して持とうとする事って思いのほか大変で、かなり四苦八苦しました笑。
あああでも頭固かったー…!!!orz
後はモデルの誘導かな…と
次は、きっと同じミスはしない…!!!

あ、写真に偏りがあるのは編集中落ちたからです笑。
データが揃い次第サイトに本掲載します。
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

me:)

mit

Author:mit
写真家。
※被写体様には許可を頂いています。画像の持ち出しはご本人以外NG
告知バナー以外のサイト内全ての画像・文章の無断転載・模倣を固く禁じます。No reproduction or republication without written permission.

my work

「あいの徒野から」

mail me

name:
mail:
message:

twitter

visitor

thanx


にほんブログ村 写真ブログ コスプレ写真(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

△宜しければお願いします

Copyright © mit